東大医師森田敏宏監修の「天才脳開発パーフェクトブレイン」紹介サイトです

東大医師森田敏宏監修の「天才脳開発パーフェクトブレイン」本当の効果

集中力の定義

「天才」と「凡人」の決定的な違い、それは「集中力」です。この考え方が森田敏宏の理論の骨格を成しています。それでは 「集中力」とはそもそもなんでしょう?どのように定義すべきものなのでしょう?

 

「集中力」という言葉から、あなたはどんな情景を思い浮かべるでしょう? 大相撲の千秋楽結びの一番、横綱白鵬の立合いでの「集中力」。何日間にも及ぶ名人戦を戦い抜く羽生名人が維持する「集中力」。目標を達成するため、何年も勉強に打ち込み司法試験に合格する人の 「集中力」。このように、 「集中力」と一言でいっても、その種類には実に多くのものがあります。 そこで森田敏宏博士は、仕事や勉強において天才的な成果をあげるという点に重点をおいて、「集中力」を次の4つに分類し定義付けを行っています。

集中力の定義記事一覧

ひとつの作業をより短い時間で終わらせるための「スピード集中」

突然ですが、「ルービックキューブ」をご存知ですか?何年も前に流行った六面体の立体パズルです。それぞれの面は9つの正方形で構成されていて6つの面はそれぞれの色がつけられています。それを一旦バラバラにしてもとに戻すぱずるなのですが、最初は難しくてまったく完成させられないのですが、コツをつかんで練習を重ね...

≫続きを読む

 

長い時間ひとつの作業に集中し続ける「スタミナ集中」

長時間に渡って集中力を切らすことなくひとつのごとに没頭して脳を使い続けるという点で代表的な職業に将棋や囲碁のプロ棋士があります。彼らと同じ集中力を手に入れることができれば、仕事や勉強で、今よりも遥かに大きな成果をあげることができるでしょう?これを可能にするのが森田敏宏博士が唱える「スタミナ集中」の理...

≫続きを読む

 

本当に「やるべきこと」に集中するための「セレクト集中」

インターネットや新幹線、高速道路などが発達し、人や物、そして情報が、物凄い速さで移動するようになり、私たちの「やるべきこと」もそれに比例して増えています。ついこの前までは泊まり掛けで夜はゆっくりできた金沢出張だって今では日帰りが当たり前です。その分、明くる日には別の「やるべきこと」をしなくてはならな...

≫続きを読む

 

目の前の一歩に集中するための「ステップ集中」

前項で説明した「セレクト集中」によって見えてきた「自分が本当にやらなければなない事」。これを実際に遂行するためには、短時間で実行可能な細かい作業に分割する必要があります。そして、いかにモチベーションを高めてその作業をこなしていくか。そのための技術が「ステップ集中」なのです。例えば、1000ページを越...

≫続きを読む

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ サイトマップ

先頭へ戻る