東大医師森田敏宏監修の「天才脳開発パーフェクトブレイン」紹介サイトです

東大医師森田敏宏監修の「天才脳開発パーフェクトブレイン」本当の効果

認知症の予防にも役立つ「パーフェクトブレイン」

 

 

厚生労働省によれば、認知症とは『正常であった記憶や思考などの能力が脳の病気や障害の為に低下していく障害』のことです。

 

 

 

認知症にはいくつかの種類があって、その中でいちばん多いのはアルツハイマー型認知症です。これは、脳神経が変性して脳の一部が萎縮していく過程でおきる症状です。

 

次に多いのは脳梗塞や脳出血などの脳血管障害による血管性認知症でが、このタイプは減少傾向にあります。また、アルツハイマー型に血管性認知症が合併するケースもあります。

 

認知症は高齢になるほど発症の可能性は高まり、65歳以上70歳未満の有病率は1.5%、85歳では27%に達しています。日本における65歳以上の認知症患者はすでに240万を超えているという推計もあり、団塊世代が65歳以上になる2015年には250万人、2020年には300万人を超すと予測されています。高齢社会の日本では認知症が今後ますます重要な問題になることは明らかです。

 

では、認知症にならないためにはどうすればいいのでしょう?
はっきりとした原因は解明されておらず、したがってその治療法も確立されていない認知症ですが、予防のために必要なことは次の3つのことと言われています。

 

@規則正しい食生活
A適度に体を動かす運動
B適度な脳への刺激

 

この中でB適度な脳への刺激については「パーフェクトブレイン」を有効に役立てることができます。
簡単なゲーム感覚で実践でき、短時間で脳を活性化する「パーフェクトブレイン」であれば、無理なく日常的に適度な脳への刺激を与えることができるのです。

 

→天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ サイトマップ

先頭へ戻る