東大医師森田敏宏監修の「天才脳開発パーフェクトブレイン」紹介サイトです

東大医師森田敏宏監修の「天才脳開発パーフェクトブレイン」本当の効果

脳と集中力

脳には、イメージなどの感覚的な部分をつかさどる「右脳」と、逆に言語などの論理的な部分をつかさどる「左脳」があります。
人が何らかの作業を始めようとするとき、左右の脳がお互いに干渉しあいます。

 

右の脳が感覚的にいこうとすることに対して、左の脳は論理的にいろいろと思考を巡らせてブレーキをかけようとします。
例えばあなたが銀行でお金をおろさなければならないとします。

 

右脳だけの判断で駅前の銀行に行ってお金をおろして帰ってくれば10分で済む話しです。
ところが、ここで左脳は、「いま行かなくても、何か他に駅前に用事がなかったかな」などと、あれこれ考えてしまいます。そしてあっという間に10
分という時間が過ぎてしまうのです。

 

そして気がつくと銀行に行くことそのものが億劫になってしまいます。
さまざまな場面で、毎回あれこれ考え込んでいては時間ばかりかかってしまい効率がよくありません。
前述の「完璧主義」の罠がここにあるのです。
これを回避するために必要なことが「いい加減」さでありパーフェクトブレインの真髄もここにあるのです。

 

過去、天才と言われた偉人たちも、多かれ少なかれこの「いい加減さ」は持ち合わせていました。
どんなに優れた能力があっても、時の流れだけはコントロールできません。

 

限られた時間のなかで「偉業」を成し遂げるためには、どんな天才でも「選ぶべきもの」と「捨てるべきもの」を絶妙な「いい加減さ」でチョイスする必要があるのです。

 

→天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ サイトマップ

先頭へ戻る