東大医師森田敏宏監修の「天才脳開発パーフェクトブレイン」紹介サイトです

東大医師森田敏宏監修の「天才脳開発パーフェクトブレイン」本当の効果

森田敏宏が提唱するプロセス簡略化のメソッド

森田敏宏先生は、医師として長年、心臓カテーテルという専門分野に携わってきました。心臓の冠動脈にステントと呼ばれる金属を入れる極めて繊細さを要する複雑な手術です。

 

この複雑な手術を、若手の医師に効率よく教えるために森田敏宏先生が開発したのが「手術管理システム」です。
これは、「心臓カテーテル」の手術を各作業に分割し、さらにその作業時間を自動的に計測され、これによって若手の医師も多くのフィードバックを受けられるというものです。

 

困難の分割と見える化

 

「困難は分割先生せよ」これはフランスの有名な哲学者であり数学者デカルトの言葉です。
一見難しく見えるものでも、分割することで解決の糸口が見えてくるということを言い表しています。
森田敏宏先生はこの言葉を応用することで「手術管理システム」を開発したのです。

 

これによって、それまで漠然と1時間くらいかかる作業として捉えられていたものが、10個程度の作業に分割され、個々の作業における問題点や改善点が明らかになったのです。

 

「手術管理システム」を使って手術の工程の分析をすることで、ある傾向が明らかになりました。
それは、作業工程が複雑になるとスピードが落ちるということです。

 

困難を分析すると、本当に難しい作業は、いくつかに集約されてしまうものですが、それをしないとなんとなく全体が困難はものと感じてしまいます。そして、「これは難しい」と一旦認識してしまうと、脳が動きにブレーキをかけてしまうのです。
しかも、それによって時間が長引けば長引くほど疲労も蓄積して余計にスピードが落ちるという悪循環に陥ってしまいます。

 

このように、目標を設定し、そこに至るまでの作業工程を分割する。これもまた、森田敏宏先生の開発した「パーフェクトブレイン」というメソッドで、集中力を高め「天才脳」を得るための重要なひとつの要素なのです。

 

 

→天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ サイトマップ

先頭へ戻る