東大医師森田敏宏監修の「天才脳開発パーフェクトブレイン」紹介サイトです

東大医師森田敏宏監修の「天才脳開発パーフェクトブレイン」本当の効果

集中力を高めるために必要な休息

高い集中力を維持するためには休息がとても重要です。
集中力が高ければ脳は疲労します。
脳が疲労すれば集中はできません。
だからこそ、休息するときには休息に集中する必要があるのです。

 

休息しながらも、次にすることや仕事のこと、私生活での悩みごとなどを
あれこれ思い悩んだりしてもストレスが溜まるだけで意味がありません。
休むときには完全にリラックスして休むことに専念して、また次の集中に備えるのです。

 

集中すべきときに集中し、休息すべきときに休息する。
このオンとオフの切り替えがきちんとできるようになれば、どんな時にでも焦ることがなくなります。
それは、時間が読めるようになるからです。

 

例えば、朝の9時に家をでなければならないとしましょう。
集中すべきときに集中することがきちんとできれば、仮に8時半に起きたとしても、
自分が身支度にかかる時間が15分と分かっていて、集中して身支度ができれば焦ることなく身支度した上で、
残りの15分も余裕をもって有効に使うことができるのです。

 

時間をこの様に使うことができるようになれば、日常にあるちょっとした無駄な空き時間でも、
集中、あるいは休息というかたちで自分の思う存分通りに有効に使うことができます。
この積み重ねはとても大きなものです。

 

そうです。この時間の積み重ねこそは、かつて「天才」と呼ばれた偉人たちが偉業を
成し遂げるために得ていた特別な時間の正体であり、「天才脳」を得る、
「森田敏宏のパーフェクトブレイン」の本質そのものなのです。

 

→天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ サイトマップ

先頭へ戻る